「健康」をテーマに役立つ情報伝えます

睡眠力を上げるにはハーブティーやホットミルクを飲もう

ホットミルクでリラックス効果を得よう
「睡眠」と言うものは健康のために一番必要なものだと思います。
ですが、多くの方は質の良い睡眠を取れていないと言われています。「たっぷり寝たのに物足りない」「なぜか朝早く目覚める」といったものです。そういう方は、睡眠力を上げることが必要なのです。
そのためにすることは特に難しいことではなく、寝る前に食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないことや、太陽光を浴びて自律神経の働きを正常にすること、寝るときに緊張をしないようハーブティーやホットミルクを飲んでリラックスさせることなどです。
とくに外の光を浴びることは、日照時間が短くなる冬場になると、気が付くと太陽をまったく浴びていない状態になり、自律神経失調症に陥る事が多いので要注意です。
それから基本的なことですが、体にあった枕に変えると、すんなりと眠れる可能性もあります。

ショートスリーパーと言われる体質もある

「ショートスリーパー」と言われるものは、ごく短期間の睡眠で、普通の人が数時間眠ったのと同じだけの休養を取る事ができる体質の人をいいます。
これは完全に先天的な特質だけが関係しているわけではなく、とくに幼い頃の生活習慣が影響することもあります。とはいえ、普通の人が真似をしても体を壊してしまうだけなので、やめた方が無難です。
しかし、短期間の休みでしっかりと休養を取る方法がないわけではありません。眠りは深ければ深いほど、脳を休める事ができます。自分に合った寝具を使う、静かな落ち着ける環境で休む、寝る直前には刺激物を避け、脳への情報量を減らすなど、睡眠力を上げる方法を上手く活用することで、忙しい時期にも短期間休みを取るだけで活動することは、普通の人にも充分に可能です。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されます

成長期くらいまでは「成長ホルモン」というものはたくさん出ます。この成分のおかげで、背が伸びるのです。人が成長するのに必要なものなのです。
食べ物も大切なのですが、いくら原材料があっても分泌されないことがあります。
それは、睡眠が不十分な場合です。
良質な睡眠を得ることで、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。
また、このホルモンは大人でも分泌されており、同じように良く寝れないと分泌されずに、翌日に疲れをひきずることがあります。
分泌量を増やすには、睡眠力を上げる方法が重要です。
朝は太陽の光を浴びることが重要です。
また、日中は適度な運動や身体を動かすことで、ある程度からだが疲れることが必要です。
そうすることが睡眠力を上げる方法として有効です。

睡眠不足で肌がゆらぐ理由について

スキンケアをしていると肌の調子が良い時と悪い時を感じることがあるでしょう。
季節の変わり目にはゆらぎ肌になりやすいと言われていますが、これは季節の変わり目だけでなく1日単にで起こっているということです。
睡眠不足になると1日単位で肌の状態が変わってしまいます。これは睡眠中に成長ホルモンが分泌されるためなのですが、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が不足して肌のダメージをしっかりと修復することができなくなってしまうのです。それによって肌の状態が悪くなってしまいます。規則正しい睡眠は肌にとっては重要なものですし、睡眠はストレス解消効果も期待できます。睡眠を取ることでホルモンバランスを安定化させることもできるため、しっかり体を休めるようにしましょう。

居眠り運転と睡眠不足との関係性

交通事故のニュースは毎日のように報道されています。
交通事故が起きる原因はいろいろありますが、最も多いのが、睡眠不足による居眠り運転です。
特に、期限がせまっている宅配ドライバーや、時間までに到着しなければいけない夜行バスや長距離バスのドライバーは、眠い目をこすって運転する必要がありますので、事故が多発しています。自分が被害にあうだけではなく、加害者になり他の人を巻き込む事故がほとんどです。そういった事故は、最悪の場合死亡事故につながりかねません。それで、ハンドルを握るドライバーは、自分と他の人の命の尊さをきちんと自覚しましょう。交通事故につながらないように、十分な睡眠を心がけましょう。居眠り運転はドライバーの努力で防ぐことができるのです。

ママットレスに着目をして睡眠力を上げる方法

自分の体にあった寝具を使うことで、睡眠の質は大きく変わります。
今回はマットレスに着目をして、睡眠力を上げる方法をご紹介します。
マットレスと一口に言っても種類は様々あります。
コイルを使った固めのものや、低反発ウレタンを使った体を包み込むようなものなどです。
また睡眠時は、腰に大きな負担がかかるものなのです。その結果、腰を痛めることになるので、腰があたる箇所はしっかりとしたものでカバーすると良いと思います。
しかし、固ければ良いというものではありません。
体重が軽い人ですと、固すぎるものを使用することで、背中のS字カーブ部に負荷がかかり、腰痛の原因になります。
敷き寝具は体重や体型を考えながら選ぶことが大切です。
また、寝返りが打ちやすいかどうかということも、睡眠の質を上げるために必要な観点の一つです。
個人差はありますが、人は数十回ほど寝返りを繰り返すのです。楽に寝れるものを選ぶようにしましょう。

運動の後はよく寝れた記憶があると思う

私の個人的な意見ですけど聞いてくださいな。
ここでは「睡眠力を上げるには」というテーマでいろいろとアドバイス的な口コミが載せてありますが、私が思うに寝れないということは「体が疲れてないのかも」と考えるのです。ですから、睡眠力を上げることも重要なんですが、毎日の生活の中に軽い運動を取り入れて、体を疲れさすという荒行を行なうのはどうでしょうか。
学生の頃に何らかの運動部に所属していた方ならわかると思うのですが、ハードな運動の後はよく寝れた記憶があると思うのです。疲れた身体を癒すのは睡眠ですから、意外とこの方法で寝れるようになると思うのです。どーですかね。疲れにはいろいろあると思いますが、試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする