視力の健康を大切にしましょう

レーシックが気になる

視力の健康のためにできることはたくさんある
レーシックが注目されている。視力の悪い人にとって、メガネやコンタクトレンズに続く選択肢として、最近レーシックが注目されている。レーシックとはオペのひとつであり眼球にレーザーを照らし視パワーを改善させるというものです。分かりやすく言うと眼というカメラのピントを合わせるようなことです。
レーシックは本当に安全か。
やはり気になるのは安全性だが、技術や機械の性能が良くなり失敗は全くと言っていいほどありません。以前、レーシック手術をした患者が眼に異常を起こしたというニュースが出ましたが、それはそのクリニックが機械の衛生面を怠っていたからで、技術的に失敗したということではありません。確かにレーシックを受ける際には、そういったことを調べる必要はあるかと思います。私がインターネットで調べた眼科「品川近視クリニック」は口コミサイトでは、優しく親切なスタッフ、丁寧な説明、館内の衛生面などもちゃんと考慮したクリニックらしく、少し興味がでましたね。まだまだ調べる必要があると思いますが、良いかもしれない。

メガネフレームについて

顔の形はどんな。
メガネフレームの素材について教えます。二種類のフレームがあります。
– メタル系 –
チタンを使用するのが大半で、軽く、知的見え、フレームが細いかフレームがないのもあるので、より裸眼に近い感じです。
– プラスチック系 –
セルメガネです。カラフルでファッション性が高く価格も安い。込みこみで5000円、あり色、形ともたくさんあります。
欠点というか、人の顔に合わせた調整がしづらく似合ったメガネを探すのも一苦労で、何十本と試着して確認する必要があります。それから、鼻当てがないタイプもあり、鼻が低い方はまつげがレンズに当たる可能性もあります。
フレームの形状は。
– フレームの大きさ –
定番なのが「フレームの縦幅は顔の長さの1/3」ですが、これはもう無視してよいでしょう。

メガネの短所と長所

顔の輪郭がポイントかも。
「メガネ」選びのポイント、メガネで一つで顔の印象を全然変わるものですね。昔は、美を弱めるものとして避けられていましたが、最近では、色、形が多様なメガネがでてきて、ファッションの一部として大注目される傾向にあります。っと言っても、メガネは視力を回復させる顔のパーツです。ファッションばかりを求めるあまり、眼に負担がかかるようなものを選んでは意味がありませんね。
ここで「メガネ」の特徴を紹介
– 長所 –
・簡単に扱えて細かいケアがいりません
・一つ購入すると長く使える、費用があまりかからない
・その人の印象(イメージ)を大きく変えてくれます
・おしゃれメガネも登場していて男性の場合、顔のアクセサリーの手段で使える
– 短所 –
・視野が狭くなり違和感を覚える
・メガネが曇るなどで少しストレスを感じる
・高価なものなので慎重に扱わなければならない

視力回復トレーニングとは

継続はチカラなり。
「視力回復トレーニング」について。視力の回復方法は、レーシックなどの手術による回復とトレーニングによる視力回復の二つに分けられます。(その他に、視力回復法で「オルソケラトロジー」があります)視力回復の手術というのは、視力矯正手術のことで、最近、レーシック手術を受ける人が増えてきています。レーシックは、ほんの数年前ではご存じない方のほうが多数でしたが、今では知らない方が少ないと思います。レーシックについては後でご説明させていただきます、こちらでは、トレーニングによる視力回復方法(手術、薬に頼らない方法)をご紹介します。視力回復トレーニングには、視力回復センターなどで行なわれているトレーニングの他に、試視力表を使うもの、3D画像やソフトウェアを使用するいろんな方法があります。視力回復トレーニングですることは、トレーニングですから、目の訓練に他ありません。目の筋肉の動作を正常に戻すのが訓練の目的であり、それによって視力向上を目指すものです。

ゲームで目が悪くなるの話

よく言われていました。
私は、ゲームで目が悪くなりました。私の視力が悪くなった一番の理由は、携帯ゲームのやり過ぎです。当時、携帯ゲームが大流行で、私もお母さんにねだっていろんな流行のゲームを無理いって買ってもらったのを覚えています。でも、私よりも人気ゲームにはまってしまったのがおじいちゃんで、毎日私よりも携帯ゲームをしていましたね。そんな流れで、私の視力はどんどん低下してしまい、ゲームを始めてから、1,5から0,2へ視力が落ちました。やはり、携帯ゲームのようなものをやると、視力は低下していくのです。ゲーム画面との距離が近いので、見るものとの距離が短いと、目の焦点がずれて視力が悪くなるというのを聞いたことがありましたが、私がまさにそれでした。

視力を大事にしましょうよ

視力の話。
いったいなぜ視力が衰えるのか、人間の視力は「目の使い方」によって低下するといわれ、けして「目の使いすぎ」が原因ではないようです。例を上げると、筋肉を鍛えれば鍛えるほど進化しますが、寝たきりなど筋肉を使わない筋肉はだんだんと縮み細くなってきます。人の体は使わないとどんどん筋肉が減っていき、動きなど機能が低下するのです。そして、目、視力もそうなんです。目の水晶体の調節を行う筋肉の疲れを取る「視力回復トレーニング」。毛様体筋を鍛えることで活性化して回復していきます。レーシック手術を年齢などで受けられない方に向いていますが、重度の近視の方には向いていませんね。視力に効果があるとされる物を少し紹介します。ビタミンA、ビタミンCなどが多く含まれた「ブルーベリー」「レバー」です。大切な目を大事にしましょう。あきらめないで、視力を治したい、回復したい、少しでも良くなりたいなど、視力回復したいとお悩みの方がいらっしゃると思いますが、あきらめず何か効果があるといわれるものをどんどん試していきましょう。