視力の健康を大切にしましょう

近視の治療ならレーシック手術に注目

視力の健康のためにできることはたくさんある
近視の治療費が気になる方へ。
視力回復を目標にするなら「レーザー手術」が最近の流行りになっています。
レーシック手術を受ける方で多いのが「近視」で悩んでいる方ばかりですが、「遠視」でもレーシック手術、治療ができないというワケではありません。「遠視」は、年齢によるもので、生きていれば勝手に歳を取り衰えていくので仕方のない事なのですが、「近視」の場合は、年齢が原因ではなく、生まれつきで視力が低下していたり、テレビゲームやテレビの見すぎなどが理由であったりするので、大体の治療が可能です。近視は、目のピントが合ってない状態で遠くが見通せない場合の事ですので、レーシック手術や治療によって、ピントが合うようにすれば、視力が回復するのです。「ピント」がズレているというのは、視界が悪くなり、ボヤけて見えたり、分裂して見える場合もあり、そのことを「乱視」と呼んでいる。

その手術とは
レーシック手術であれば、「近視」だけでなく「乱視」も治す事ができるのです。メガネやコンタクトなどが、ピントを合わせるという役割を持ってカバーしていますが、何かウザイ感があり煩わしいこともある事でしょう。そこで最近、レーシック治療が注目されています。最新のレーシック手術は、失敗も少なく、ちゃんと注意事項を守っていれば、合併症などの危険も、少なくて済むそうですが、手術費がかなり高額というネックもあります。

「乱視」にもいろいろありますね

「角膜乱視」「水晶体乱視」の原因について

「角膜乱視」の原因を調べた!
角膜乱視は、後天的と先天的の両方に分かれます。言えば、生まれつきか、そうでないかということ何ですね。生まれつきでない方は、視力が低下して、目を細めたりすることで眼球に負担がかかるのと逆まつげが原因ようです。最初、近視になった時に、遠くを見ようとして目を細めると目の周りの筋肉によって角膜が押され形がくずれ「角膜乱視」になってしまう場合があるので気をつけましょう。赤ちゃんの時の太りすぎなどが理由で角膜乱視になる場合もあるので、お母さんは気をつけたいところですね。

「水晶体乱視」の原因を調べた!
水晶体乱視は、水晶体が同じ方向にゆがみ、戻らなくなってしまった形をいいます。その原因は、生まれつきか、そうでない場合にわかれます。生まれつきの水晶体乱視の症状としては、水晶体と角膜に乱視を持ち、両方で乱視を打ち消し合っている時があります。遺伝で形状が決まっているので、強引に矯正しようとするとつりあいを崩してしまうことがあるので、コンタクトはソフトレンズを選びます。後天的な場合の原因は、目の使い方によって、水晶体が歪む形をいいます。たとえば、パソコンやテレビなどを長い時間見ていると、水晶体がひっぱられて(下に)戻らなくなる場合がありますので、常に目を動かし、ゆがまないように意識しましょう。

メガネの短所と長所を軽くご紹介します

選ぶ場合は、自分の顔の形でチョイスすれば良いと思います。
メガネで一つで顔の印象を全然変わるものですね。昔は、美を弱めるものとして避けられていましたが、最近では、色、形が多様なメガネがでてきて、ファッションの一部として大注目される傾向にあります。っと言っても、メガネは視力を回復させる顔のパーツです。
おしゃれを優先して、眼が疲れるなんてまったく持ってダメで、本末転倒ですもんね。
ここで「メガネ」の特徴を紹介
– 長所 –
・簡単に扱えて細かいケアがいりません
・一つ購入すると長く使える、費用があまりかからない
・その人の印象(イメージ)を大きく変えてくれます
・おしゃれメガネも登場していて男性の場合、顔のアクセサリーの手段で使える
– 短所 –
・視野が狭くなり違和感を覚える
・メガネが曇るなどで少しストレスを感じる
・高価なものなので慎重に扱わなければならない

「近視」これで悩む方が多いよね

「近視」ってご存知ですか?
近視とは、簡単に言えば遠くは見えにくいが、近くはハッキリ見える症状のことです。皆さんも、こんな症状になっていませんか?特に中年の方は自覚があると思います。
症状は、こんな感じですね。
近いものはよく見えるが、遠くがぼんやり見えたり、眼の疲労や、キツメの近視の場合は視力障害が起こるようになります。
仮性近視(偽近視)は、読書や細かい作業など、眼を使う仕事などを終えた後も緊張がとれずに強烈な屈折率が残って、近視と同様な状態が続く場合の状態をいいます。目薬、また遠くを見るようにすると回復します。
視力回復トレーニング
テレビの見すぎ、ゲームのしすぎ、今あなたが見ているパソコンなど、現代社会では、眼を使うことが多く、さまざまな視力を低下させるといわれるものが、日々生活に不可欠なものとなっています。視力の低下も努力で少しは防げると思います。皆さんも、あきらめずに視力回復トレーニングなどで回復させましょう。私たちは視力低下でお悩みの方を応援します。

「老眼って何?」そんな方のためにおすすめ

「老眼」のことを知りましょう。
どんな症状なんでしょうか。
老眼は、近くのもがとても見えにくい眼の症状です。でも反対に遠くのほうを見るのには問題ありません。近くを見るための眼のレンズ的な役割をする「水晶体」を厚くしてみるのですが、水晶体を厚くする力が衰えることを「老眼」というのです。「老眼」が表すとおり、老眼になるのは若者ではなく、年齢なら40歳を過ぎるあたりから老眼の症状が現れはじめて、60歳ぐらいまでに少しづつ進行していきます。老眼になると近くのものを見ることさえも眼に負担がかかります。そのせいで眼精疲労になってしまいます。老眼の症状が出始めたら、今まで視力が自慢だって方には眼鏡は少し抵抗があると思いますが、ここはあきらめて老眼鏡を掛けるのをおすすめします。
老眼鏡も症状で変えよう。
先に老眼はだんだんと進行すると言いましたが、症状が進行すると老眼鏡も度数を変えなければいけません。なので眼鏡選びは慎重に選びましょう。最近では、老眼を治してしまう手術が注目されはじめているので、今後チェックすべきでしょう。手術も現時点では、高額なので簡単には受けられない状況ですね。

視力の健康は重要なことですよ

視力の低下というものは、使い方が影響していると言われています。
例を上げると、筋肉を鍛えれば鍛えるほど進化しますが、寝たきりなど筋肉を使わない筋肉はだんだんと縮み細くなってきます。人の体は使わないとどんどん筋肉が減っていき、動きなど機能が低下するのです。そして、目、視力もそうなんです。
毛様体筋を鍛えることで活性化して回復していきます。レーシック手術を年齢などで受けられない方に向いていますが、重度の近視の方には向いていませんね。
情報として、視力の健康に良いとされるものをご紹介します。
ビタミンA、ビタミンCなどが多く含まれた「ブルーベリー」「レバー」です。大切な目を大事にしましょう。あきらめないで、視力を治したい、回復したい、少しでも良くなりたいなど、視力回復したいとお悩みの方がいらっしゃると思いますが、あきらめず何か効果があるといわれるものをどんどん試していきましょう。